クラウド型 経営改善作成ソフト「Kスマート」「Kスマート未来計画」

「Kスマート」とは?

Kスマートは、各会計ソフトの残高試算表データを変換・アップロードをするだけで、一目で分かりやすく図解化することができる便利な経営分析ツールです。どなたでもすぐに作成することができます。 また、経営者に、今の経営を具体的に伝えるので今後の事業の進め方など、経営改善を進めるためのツールとしても活用いただけます。

コロナ禍における資金繰り対策の重要性について

足元の先行き不透明なコロナ禍においては、P/LやB/Sの管理はもちろん、キャッシュフロー計算書を元にした資金繰りが非常に重要となります。キャッシュを枯渇させないためにキャッシュフローの推移予測を正確に把握しておくことが大切です。

「Kスマート未来計画」とは?

「経営改善計画」を簡単な入力で作成することができるソフトで、どんな業種にも対応しています。
税理士 黒永哲至が、30年の会計事務所経営の経験をベースに開発しました。「Kスマート未来計画」の開発前に、会計事務所専用の
経営見える化コンサルソフト『Kスマート」を開発しており、その経験もベースになっております。

Kスマート未来計画が選ばれる
つの特長

経営計画がすぐにできる!

必要事項を入力するだけで経営計画をすぐに作成することができます!

資金調達に有利

銀行の看板イメージ

融資や助成金の申請に必要な金融機関への『経営改善計画』が作成できます。

図解なので一目で分かる!

図解なので誰でも一目でわかります!忙しい社長さんにも喜ばれます。

計画に基づく5年分の損益計算書、貸借対照表、資金収支計算書、その他の帳票を簡単に作成できます。
損益計算書貸借対照表5期並べて図解できます!
計画書作成の時間短縮、顧問先の社長様への説明がしやすいなど、大幅な作業効率の改善が期待できます。

5期比較決算図表(単位:千円)
損益計算書(5期比較)(単位:千円)
貸借対照表(5期比較)(単位:千円)

開発者からのメッセージ

3年から5年の中長期の経営改善計画書をエクセルで作成するのは、とても時間と労力がかかります。そこで、入力するだけで簡単に、5年間の損益計算書と貸借対照表とキャッシュフローの推移が作成できるソフトを開発しました。

これにより「認定支援機関の実績」として、顧問先の融資相談、資金繰りの指導、補助金や助成金の申請、特別事業承継税制への対応と、会計事務所のブランディングに大きく貢献することが期待できます。

実際私の事務所においても、経営改善計画作成による新規融資や借り換え等の案件が実行されています。是非、税理士会計士や認定支援機関に登録されている士業の先生方に使っていただきたく御紹介致しました。

「Kスマート」が1ヵ月間無料で使える!
無料IDの発行はこちらから!